ARコンテンツを もっと世の中

話題になる現地型のARアプリですが、開発にはコストがかかり、まだカンタンには手が出せない技術になっています。
また、せっかく開発をしても現実空間にモノを表示した時のイメージがつかず、出来上がった時に残念な仕上がりになっていることも…。

アップフロンティアでは、現地型のARに特化した内製ツール「CFA(シーファ)」を生かした、小コストで開発スピードの速さが魅力の現地型のARアプリを制作いたします。

たとえばこんな
コンテンツが

道案内

表参道駅からアップフロンティアのオフィスまでの道案内アプリです。地図を読むことなく、直感的に案内してくれます。

作業時間3週間

観光案内

明治神宮前の交差点を中心に、「どこへ向かうか」の道しるべとなる観光案内アプリです。

作業時間2週間

擬似体験

表参道を海底都市にした疑似体験アプリです。現実空間に鮮やかなサカナが合わさり神秘的な空間を演出します。

作業時間1ヶ月

ホラー体験

部屋の中でホラー体験ができるアプリです。姿が見えない異形や、不気味な血の跡が不安感を誘います。

作業時間2週間

他にも使い方はいろいろ

美術館のガイド

美術館のガイド

謎解き体験

謎解き体験

社員研修

社員研修

アップフロンティアで
制作するとなぜ早い?

CFAを生かして小コストかつ短期間で開発

現地型ARに特化した内製ツール「CFA」を生かして、
小コストかつ短期間でARコンテンツの制作を実現しています。

「空間(現地)の読み込み」が
汎化されているので

新規開発のコストを圧縮!

表示したいARの場所は
お客さまで決定できるので

要望書や指示書
作成コストを軽減!

コロナ禍で密を避けたい昨今

役割分担可能な
開発体制を実現!

制作の流れ

※ 掲載内容は一例です。臨機応変に対応いたしますので、要件を伺う際に要望をお申しつけください。

1

お客さま

お客様がアンカーを配置

お客さまに配置ツールをお渡しします。
お客さまにはARを配置したい場所を読み取っていただき、アンカーを配置していただきます。

2

お客さま

作成したデータをアップフロンティアに送信

配置ツールでの操作が完了したら、作成したデータ(Jsonデータ)をアップフロンティアにお送りいただきます。

3

アップフロンティア

アップフロンティアでモックアップ作成

いただいた配置ツールのデータでモックアップを作成します。イベントが3つほどであれば最短1営業日でモックアップを作成いします。

4

お客さま

アプリ化して提供

作成したモックアップデータはアプリ化してお客様にご連絡いたします。
アプリを使って現地で動作をご確認いただきます。

配置ツール 推奨環境

iOS 13 以降の端末
<推奨端末>
Pad Air 3(2019) 以降、iPad Pro 3(2018) 以降、iPhone XS 以降

アプリ 推奨環境

iOS13 以降の端末
<iOS 推奨端末>
iPhone 8 以降、iPad Air 3(2019) 以降、iPad Pro 3(2018) 以降
<Android 推奨端末>
Android 10 以降の端末、最低スペックモデル端末 Pixel3

CFAを使った
ARコンテンツ開発の
コスト感

CASE 1道案内

道案内のアプリを制作するケースです。
2回の右折案内と到着時に演出がある、比較的簡易な道案内のアプリです。

通常 約80万円

20万円〜

スマートフォンアプリの場合

CASE 2美術館ガイド

美術館の中で、美術品のガイドがARで表示されるケースです。絵画の前に立ってアプリ越しに見ることで、作者や絵画の背景が表示されるようなアプリです。

通常 約125万円

25万円〜

スマートフォンアプリの場合

※ 金額は当社比となります。

※ 検証費(iOS、Android をそれぞれ1台での検証)を含んだ料金です。

※ アプリでの空間認識や配置はCFA配置ツールを使ってお客様にて対応いただき、弊社でのロケハンは含まない料金です。

※ デザインを含め、素材作成は作業料金に含まない料金です。

よくあるご質問

  • どのくらいの範囲で使用できますか?
  • 20m程の範囲での使用を推奨しています。
    それ以上はARで表示しているモノのズレが発生しますので、推奨いたしません。
    (現在広域にも対応できるようにアップデート中です。)
  • 自社で所有している3Dモデルを表示したいのですが、どういった形式をサポートしていますか?
  • Unityでインポートできる形式であれば基本的には問題ありませんが、利用している技術の都合上、一部使用できないシェーダー等がございます。一度、ファイルをお送りいただけますと幸いです。
  • ランニングコストはかかりますか?
  • はい、かかります。
    Azure Spatial Anchor を利用している都合上、空間認識を行う度に重量課金が発生いたします。
    請求金額の目安などは企画内容にも関係いたしますので、まずはお問い合わせくださいませ。

資料ダウンロード

お問い合わせ

※ 開発にあたり、3Dモデル制作、モーション制作、デザインは別途料金となります。

※ Unityをお使いのデザイナの方に作成ツールのご提供も可能です。お気軽にご相談ください。